本文へスキップ

自分でできるお部屋探し。いつから準備する? 

良く解るインターネットを使った空室情報の探し方 物件探しの達人

いつから準備する?

就職や進学で引っ越し予定があるとき、いつからお部屋探しをすればいいかと悩んでいる方も多いでしょう。やはり「出来るだけ早く」というのが一般的な意見になりますが、必ずしもこれが最善という訳ではありません。うまくタイミングを掴まないと思わぬところで落とし穴にはまり、とても損してしまう場合もあるのです。

早く早くと焦ってお部屋探しを始めて、もしとても気に入る物件を見つけてしまった場合、あなたはどうするでしょうか。見つけた日から入居まで2か月もあるとしたら、まずは不動産屋さんと交渉になるでしょう。

ただ、その物件が人気物件だったなら、不動産屋さんは2か月も猶予を与えてくれるとは限りません。そうすると、おのずとその場で契約をして住まない間の家賃も払うのか、諦めるかの選択になってしまいますよね。 一般的には契約から入居まで2週間から1か月以内であると、その間の家賃を免除してくれることもあります。ですので、だいたい1か月前からお部屋探しをすると、気に入ったお部屋が見つかっても焦ることが少なくなり、おすすめです。 またお部屋探しをする際に注意したいところに、お金の問題があります。

物件の契約には、敷金や礼金、そして家賃の前払いなどが必要になってくる場合がありますので、気に入った部屋が見つかってもお金の工面が出来なければ、せっかくのチャンスを逃すことになります。 結果、入居予定の1か月前くらいで、お金の工面も問題ないとき、というのがお部屋探しを始めるベストの時期と言えるでしょう。

物件探しの達人

物件情報を集めて→良さそうなお部屋を選ぶ。たったそれだけの行動の中にもやはり工夫はありますし、何も知らない状態でなんとなくやっていては不動産屋の餌食になるのは必須です。不動産屋は使い倒してなんぼ。そんな本当に得するお部屋探しの情報を集めたのが当サイトです。