本文へスキップ

自分でできるお部屋探し。契約時の注意点 

契約時の注意点 物件探しの達人

賃貸物件を借りる際、後悔が無いよう、いろいろと物件の内見なども行い、万全の態勢で物件探しをしている方も多いでしょう。その結果、希望通りの物件が見つかり、いざ契約となった時、そこで安心してしまって、すぐに契約書にハンコを押してしまっていませんか?

賃貸物件の契約の時は、きちんと契約内容の確認をして、納得したうえで契約を結ぶことが大切です。

賃貸物件の契約に関して、入居後にいろいろとトラブルになることが少なくありません。トラブルになってから「聞いていた内容と違う」と訴えたところで、契約書にその旨が明記されていた場合には、あなたは泣き寝入りすることになってしまいます。 トラブルが多いことの一つに、家賃、敷金や礼金、共益費など、お金の問題があります。

契約時には、家賃分だけの支払いで良いとなっていたのに、実は共益費がかかる物件だった場合や、月の半ばに契約をしたのに、その月の家賃の支払いが日割りではなく1か月分徴収された、などお金に関するトラブルは後を絶えません。契約時にしっかりと確認して、契約書にも目を通し、足らない文言があれば追記してもらうようにしましょう。 また、駐車場や駐輪場に関しても、トラブルが多い項目です。

駐車場が契約時と聞いていた場所と違っていて不便であった場合や、自転車を駐輪所に停めようとしたら場所が埋まっていて停められないなどがあります。これらのトラブルは、事前に場所をチェックし、改善してもらうことは契約前にしてもらうようにしましょう。"

物件探しの達人

物件情報を集めて→良さそうなお部屋を選ぶ。たったそれだけの行動の中にもやはり工夫はありますし、何も知らない状態でなんとなくやっていては不動産屋の餌食になるのは必須です。不動産屋は使い倒してなんぼ。そんな本当に得するお部屋探しの情報を集めたのが当サイトです。