本文へスキップ

自分でできるお部屋探し。内見時のチェックポイント。 

内見時のチェックポイント 物件探しの達人

お部屋探しのやり方 内見時のチェックポイント

せっかく期待に胸を膨らませて引っ越しをしたのに、住み始めてからアレがダメだ、コレがダメだと気付くことって結構あるものです。引っ越しというものは、初期費用の出費も大きく、頻繁に繰り返すことは出来ません。「この部屋を選んで本当に良かった!」と心から思えるように、賃貸物件の内覧時にポイントをきちんと押さえておく必要があります。 賃貸物件の内覧に行ったとき、やはり気になるのは窓の向きのことでしょう。

窓は南向きですと日中でも明るく、洗濯物も乾きやすいので良いとされていて、北向きは好まれません。また、案外西向きの窓も厄介なところがあり、夕日がまぶしいだけで他のメリットが無いとも言われています。 水回りもしっかりチェックしておきたいポイントで、お風呂とトイレが別になっているか、洗濯機は室内に置けるか、どれくらいのサイズの洗濯機まで置けるか、などありますが、それに伴って換気扇の有無もチェックしておくことをオススメします。しっかりと換気できる環境だと、水回りで心配なカビの発生を抑えることもできますし、嫌な臭いに悩まされることも少なくなります。 そして何より忘れがちなのが、その物件の夜の雰囲気を確認することです。

働いている方は、どちらかというと夜に滞在する時間が増えますので、自分が1番自宅に居る時間帯の雰囲気を確かめることは大切なことです。昼にする内覧とはまた違った点が気になることもありますので、不動産屋さんに相談して、夜の内覧が出来るか相談してみましょう。

物件探しの達人

物件情報を集めて→良さそうなお部屋を選ぶ。たったそれだけの行動の中にもやはり工夫はありますし、何も知らない状態でなんとなくやっていては不動産屋の餌食になるのは必須です。不動産屋は使い倒してなんぼ。そんな本当に得するお部屋探しの情報を集めたのが当サイトです。