本文へスキップ

自分でできるお部屋探し。物件情報をネットで探す。 

良く解るインターネットを使った空室情報の探し方 物件探しの達人

物件探しの達人のホームページへようこそ。
このサイトではこれから引っ越しをする人を対象にお部屋探しのやり方、情報の集め方を説明していきます。では早速ですが、良い物件に巡り会うためのお部屋探しの方法について説明していきたいと思います。もちろん人によってお部屋探しのやり方は異なると思うので、多少過激な発言や批判めいた発言もあるかもしれませんがここで得た情報はあくまで私の個人的な見解であることをご了承ください。

良い物件を探すための部屋探しのやり方はこれだ!!良い物件を探すための部屋探しのやり方はこれだ!!

まず住みたい地域を絞る。


漠然と東京都に住みたい、大阪府に住みたい、沖縄県に住みたい、というように、あまりに広すぎるエリアだと情報を集めるのがとても難しくなってきてしまいます。情報を集めるのが難しいというのは、希望の物件がないというわけではなく、希望の物件がありすぎると言う問題です。

例えば東京都で1人用の賃貸マンション、家賃は10万円以下、で検索をすると、おそらく1万件近い情報が集まってしまうのではないでしょうか。まずは、家賃の価格帯や、普段通うエリアへのアクセスを考えてある程度地域や使う駅を限定してお部屋探しをする夜にしましょう。

エリアや利用する駅が決まった後はとりあえず現地に行って見よう。


現地の下見をせずに内見をする人は意外と多いのですが、現地の空気感はとても大事です。合う合わないはどうしてもあるので、内見をして時間を使う前にまずは現地の雰囲気を体験してください。例えば、私は秋葉原は結構好きな地域で、いちど住んでいたこともあるのですがほとんどの人はあの雑多な空気や独特のオタク臭が嫌だと言って絶対に墨田区内という感想を漏らします。

私にとっては非常に心地の良い空気でも、他の人にとってはそうではなく、また同様に私は例えば六本木や表参道、赤坂、渋谷といった華やかな地域はあまり住みたくないのですが一般的に多くの人にとってはあそこは人気のエリアですしきっと住みたいと思ってる人は多いのでしょう。そういった個別の要因がありますのでまずは現地に行って空気感を体験してみてください。 また現地を歩いていると、空室情報や、このマンションのお部屋だったらいいなと思うような目処がつきますので自分の足で歩いて生の情報を集める良い機会になります。

同時にチェックをしておきたいのが、もし自炊をしないのであれば飲食店の有無です。特に地域によっては夜9時を超えるとほとんどの店が閉まってしまったり、閑散としてしまうような地域もあります。それは住んでみないとわからなくて、お部屋が気に入って住んでみたけれども実際はすごく住みにくいという事も多々ある問題です。

そのエリアが気に入ったらインターネット使って情報収集しましょう。


まず自分の脚を使って下見をしてきているので、住所見ただけで大体どの辺のお部屋なのかもわかりますし、もしかしたらピンポイントで、「あ、あの物件だ!」と思うかもしれません。

ネットの情報はスクリーニング機能などを使えば非常に便利に使えますけども、結局写真に感じる印象と実際に目で見て感じた印象というのは全く違って、実際には目で見て判断しなければならないというのは覚えておいても損はないでしょう。ネットで情報を集めた後は良さそうな不動産屋さんにタッパしから電話をしましょう。

なぜ片っ端から電話をするのか?


普通はそんなにたくさんの不動産屋さんに電話をしないと思いますが私がお勧めするのは「良い担当者に出会えるまで電話をかけ続ける」ということです。

良い担当者というのは、単純に自分のために頑張ってくれる担当者で、何より人間的に信頼できるかどうか?というのは非常に大きいです。「この物件、申し込みが入ってるので今決めないと取られちゃいますよー」と言われたときに、その話が信じられるかどうかというのはすごく重要です。

私は基本的には不動産屋さんの話は信じないようにした方がいいと思うのですが、少なくともこの人大丈夫か?という人に自分の部屋探しを任せたくはないので、良い担当者に当たるまで電話をかけ続けるのがいいかなと思います

物件探しの達人

物件情報を集めて→良さそうなお部屋を選ぶ。たったそれだけの行動の中にもやはり工夫はありますし、何も知らない状態でなんとなくやっていては不動産屋の餌食になるのは必須です。不動産屋は使い倒してなんぼ。そんな本当に得するお部屋探しの情報を集めたのが当サイトです。